[VMware] ネットワークアダプタ

Vista 以降の Windows OS を VMware のゲストOS として導入するときは、 vmx ファイルに次のパラメータを設定しないと、 NIC のドライバが正しく読み込まれない。

ethernet0.virtualDev = “e1000”

デフォルトだと AMD の NIC が検出されるが、 e1000 を設定することで Intel のドライバが検出され、 Microsoft の汎用ドライバが使える模様。

覚書程度に。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。