Windows Server の SNMP エージェント機能と net-snmp の連携 Part3

Windows インストール直後では SNMP はインストールされないので、追加する必要があります。Windows Server 2003 の場合は、コントロールパネルの Windows コンポーネントとして追加できます。 [Management and Monitoring Tools] > [Simple Network Management Protocol] が SNMP エージェントのサービスです。
imageimage

Windows Server 2008 以降では、 Feature として SNMP Service というのがあるので、それを追加します。
image

SNMP サービスをインストールすると、サービス一覧に SNMP Service が追加されます。
image

このサービスの Agent, Traps, Security タブでそれぞれ以下の値を設定します。

  • Agent – 管理情報を適当に入力
  • Traps – コミュニティ名を入力
  • Security – Traps で入力したコミュニティ名を登録

image image image

試しに snmpget コマンドを使ってホスト名を取得してみます。こんな感じになります。

root@tok-ubuntu:~# snmpget -v 1 -Os -c public tok-win2003r2 1.3.6.1.2.1.1.5.0
1.3.6.1.2.1.1.5.0
iso.3.6.1.2.1.1.5.0 = STRING: “TOK-WIN2003R2”

root@tok-ubuntu:~# snmpget -v 1 -Os -c public tok-win2008 1.3.6.1.2.1.1.5.0
iso.3.6.1.2.1.1.5.0 = STRING: “TOK-WIN2008”
root@tok-ubuntu:~#

後半はわりと端折ってますが、これで SNMP は成功ってことで。気が向いたら補足編を書きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。