PCI Express x8 スロットに x16 のカードを挿す

今まで ubuntu を 1600×900 の解像度で我慢して使ってきたが、やはりディスプレイに合わせて 1920×1080 で使いたいよね、オンボードのグラフィック機能だとインストール直後は 800×600 の解像度しか選べず、xorg.conf で適切なドライバー (sis) を選択してようやく 1600×900 になりました。オンボードだと 1920×1080 は無理なのだろうか、一応できるという情報も見つけたのだけど → ここ

それと Unity の動きがもっさりしていて、Aero の方がさくさく動くぐらい。これはいけない。ということでグラフィック カードを購入。ついでに前から気になっていた CPU のアップグレード。今どき Pentium Dual Core ってのもね。

Ivy Bridge 欲しいなー、と横目で見ながら秋葉原ツクモにて中古品を購入。

グラボはこれ。CPU の写真は撮り忘れた。
CIMG2779

別にゲームをするわけでないので、グラボは安物でいいのです。
CPU に関しては、ソフマップに Q9550 ファン付き 14,000 円のがあってかなり迷ったけど、ケチりました。ファン無しで 12,000 だったら買ったと思う。世間は Ivy Bridge で騒いでいるのに、今どき LGA775 の延命措置とか甚だ時代遅れ感は否めない。

サーバー本体はお馴染み NTT-X Store で 12,000  円で買った Express5800/110Ge に、CPU、RAM、HDD を適当に追加して使っています。検証用に SAP ERP 6.0 EhP4 と Solution Manager 7.0 EhP1 を同時に動かしたこともある実力派。いや、まあ遅すぎて使い物にならなかったけど。

詳細なスペックはここで↓
http://wiki.nothing.sh/page/NEC%20Express5800%A1%BF110Ge

CPU は普通に交換するだけなんですが、ここで問題になるのは、「マザーボードが搭載しているソケットは PCI Express x8 なのに、買ってきたグラボは PCI Express 2.0 x16 である」 ということ。x4 やら x8 やらのグラボなんて希少品種過ぎる。

手としては、2 通り。それは

  • ソケットを削る
  • グラボを削る

以前、USB 3.0 のカードを挿したときは PCI Express 2.0 x16 のスロットに x1 のカードを挿すパターンだったので、何も問題なかったのですが、今回は x8 のスロットに x16 のカードを挿すので、そもそも物理的に無理があるのです。規格上は OK なんですけどね。スロットの形状もフレキシブルにして欲しいところ。

簡単なのはグラボを削るほうですが、二度と x16 で使えなくなるので、スロットを頑張って削ることにしました。「PCI スロット 加工」 で検索すると、過去の実績もけっこうあります。

普通の小さいカッターと、ライターで熱した金属片を駆使 (スキーワックス用のアイロンはあるけど、半田ごては持っていない)  してこんな感じに削りました。ええ、小 1 時間かけて 2 スロット両方やりましたとも。

CIMG2775 CIMG2776

上から見るとこんな感じです。懐かしの白い PCI スロット。過去には ISA スロットなんてのもありましたね。

CIMG2774

さて、グラボを装着。削ったところにちゃんと入っています。カッターで削っているときに、スロットのピンを何回かガリッとやってしまったので不安です。

CIMG2777 CIMG2778

で、おそるおそる電源投入。
BIOS が起動するまで時間かかるなー、という感じでしたが、煙や火花が散ることはなく、グラボと CPU が無事認識されたようです。加工したスロットは無事だった!しかし、Ubuntu が起動してきません。お決まりですね。
xorg.conf で sis ドライバーを明示しているのが理由でしょう。ファイルを書き直して再起動すればいいのでしょうが、CPU と GPU を両方変えたこともあって、本当にちゃんと動いているかどうかを使い慣れた Windows で確認することにしました。

んで、こんな感じです。

devmgmt aida64

無事認識されています。が、一つ問題が。グラボが x1 で動作しているのです。

結論から言うと、これはそういうものらしいです。

先ほどの写真を下に再掲します。wiki のページによると、写真の左側が #1 、右側が #2 と呼ばれているそうですが、#1 は x1 で動作して、#2 は x4 で動作するらしいのです。おいおいおい。
じゃあなんで今回は #2 ではなくて #1 に挿してんの、って話なんですが、#2 はスロットを加工しても物理的にダメなのです。wiki にも書いてありますが、#2 スロットの上にある黒い四角いコイルが邪魔で、カードが入りません。こんなところに配線しないで欲しい・・・。

CIMG2774

どうしても性能が欲しくて #2 にカードを挿すときは、こんな手順があるそうです。世の中には猛者と呼ばれる人がいるものですね。もちろん今回は見送ります。

  • やっぱりグラボを削る
  • コイルを削る (!)
  • コイルを移動して半田し直す(!!)

Windows での確認が取れたので、ubuntu 12.04 を再インストールです。NVIDIA のチップは自動的に認識されて適切なドライバーがロードされるらしく、何の設定をすることもなく 1920×1080 表示になりました。「xorg.conf? 何だっけそれ?」

Screenshot from 2012-06-03 22-16-30

# オンボード デバイスも勝手に認識して欲しいなぁ・・・

広告

[Memo] Linux on Hyper-V

メモ書き程度に。

Hyper-V のゲスト OS として、Linux を動かすことができます。マイクロソフト社による一次情報としては、以下のページにサポート OS の一覧があります。

http://www.microsoft.com/windowsserver2008/en/us/hyperv-supported-guest-os.aspx

2011 年 1 月現在、サポートされている環境としては、SUSE と Redhat のエンタープライズ版のみ。個人では入手不可能ですね。試しに、前回の記事で使った Ubuntu をインストールしてみたところ、動作しました。

前回の記事

Windows Server の SNMP エージェント機能と net-snmp の連携 Part1
Windows Server の SNMP エージェント機能と net-snmp の連携 Part2

環境は以下の通りです。

  • ゲスト OS : Ubuntu 10.10 Desktop Edition 英語版
  • ホスト OS : Windows Server 2008 R2 (x64) 英語版 SPなし
  • ホスト CPU : Core 2 Duo

注意点としては以下の通りです。

  • NIC は Legacy Network Adapter を使う
  • RAM サイズ、HDD サイズを小さめにすると起動しないことがある(原因不明)
  • 再起動の処理をすると、ブートできなくなることが多い(原因不明)
    シャットダウンしてから起動すれば問題なし
  • 統合機能は使えない

不穏な動作が多いです。

Legacy Network Adapter についてですが、デフォルトで設定されている Network Adapter を削除した上で、Add Hardware から Legacy Network Adapter を追加します。確か Windows XP あたりの古い OS も同様にデフォルトだと NIC が認識されなかったような気がします。

image

あとは、前回の記事と同じ手順で、インストール、ネットワーク設定、アップデートなどを行なうことができました。

image

Windows Server の SNMP エージェント機能と net-snmp の連携 Part2

ubuntu は、インストール直後では root アカウントのパスワードが設定されていないため、 root でログインできない。まずは root のパスワードを設定。

ターミナルを起動すると、次のメッセージが出てくる。

To run a command as adminsitrator (user "root"), user "sudo <command>".
See "man sudo_root" for details.

image

次のコマンドで root にパスワードを設定する。赤字部分が入力コマンド。

administrator@ubuntu1010:~$ sudo passwd root
Enter new UNIX password: ********
Retype new UNIX password: ********
passwd: password updated successfully
administrator@ubuntu1010:~$ su –
Password: ********
root@ubuntu1010:~#

これで root でログインできた。

ログアウトして、 GUI にも root で入りなおす。ubuntu の場合、画面の右上のメニューからログアウトやら電源オフができるようだ。左上ばっかり探していて見つけられなかった。あほすぎる。

image

image

次は OS の更新パッチをインストールする。Windows Update の Linux 版だ。簡単すぎる。

image

image

次に必要なソフトをインストールする。Telnet サーバー, FTP サーバー, SNMP クライアントの 3 つをインストールする。インストール時点で、ネットワーク設定は自動的に行われているので、インターネットには接続できる。社内イントラネット上で検証環境を作っている場合は、プロキシの設定を忘れないように。

ubuntu では yum ではなく デフォルトで apt というパッケージが入っていて、これをソフトウェアのインストールに使います。まずはソフトウェアリストのアップデート。ネットワーク接続がうまくいっていれば、下記のコマンドで勝手にやってくれます。

apt-get update

大量のソフトウェアが準備されます。検索は下記コマンドで。grep と組み合わせて使ってください。

apt-cache search <正規表現>

ここでは telnetd, vsftpd, snmp をインストールします。というかデフォルトで snmp が含まれているのね。net-snmp を入れてコンパイルしないといけないかと思っていたけど。Linux 便利すぎる。

apt-get install telnetd
apt-get install vsftpd
apt-get install snmp

無事 Telnet 接続できました。root でログインはできないので、初期ユーザで入ってからスイッチユーザをするのはお決まりですね。
image

FTP 接続も問題なさそうです。意外と知られていないですが、Windows エクスプローラはけっこう優秀な FTP クライアントです。アドレスバーに次の URL を入れるとログインできます。

_@/">@/">@/">ftp://<ユーザー>@<FTPサーバー>/

ログイン画面
image

image

image

ドラッグ & ドロップはもちろん、パーミッションの設定もできます。初心者な私はなんだかんだ CUI より GUI が分かりやすいので助かります。

これで SNMP クライアントはゲットできたので、次回は Windows Server 側の設定です。
image

Livedoor タグ: ,,

Windows Server の SNMP エージェント機能と net-snmp の連携 Part1

メジャーとは言い難い SNMP プロトコル。がっつり利用している企業を見たことがない。単に知らないだけか。以前、CA 社の Wily Introscope と Tivoli の連携テストをしようと思ったけど時間がなかった。たまに SMNP とどっちが正しいか分からなくなる。(ぉぃ

さて本題。Windows Server も標準機能で SNMP プロトコルをサーバー、エージェント両方としてサポートしているので、今回は SNMP エージェントを試しに使ってみる。サーバーは適当な Linux を用意して net-snmp を入れることにする。

まずは SNMP サーバーとして使う Linux を用意。 VMware に ubuntu を入れることにする。ディストリビューションのチョイスに特に意味はない。 ubuntu を使うのは初めてである。

http://www.ubuntu.com/ から最新の Desktop 版をダウンロード。バージョンは 10.10 らしい。32-bit が推奨なので 32-bit で。

image

image

落とした ISO イメージから普通に起動するだけなのだが、ゲスト OS のメモリサイズをケチって 256MB にしたら インストーラが起動しなかった。512MB ぐらいは確保してあげましょう。あとは指示に従って淡々と進めるだけです。

image

image

image

image

image

日本語キーボードを選択したらなぜかインストールがハングアップしたので、英語キーボードで進める。
image

初期ユーザアカウントを適当に入力します。
image

インストール完了。再起動します。
image

image

clip_image001

初期設定は次回で。

Livedoor タグ: ,,